1000人と勉強した先生の話

1000人以上教えた先生の勉強法・悩み解決・おすすめ本

2019年夏休みの自由研究は、『自分ごと』のテーマを調べよう

スポンサーリンク

2019年夏休みの自由研究は、『自分ごと』の研究テーマを調べよう


もうすぐ夏休み。悩みのタネのひとつは自由研究のテーマですよね。

 

本やインターネットに載っている研究をそのままやってみても面白くないのは、研究テーマが『他人事』だから。

今年の研究テーマは、『自分ごと』にしてみませんか。

 

この記事では、なぜ『自分ごと』の研究テーマにするのがよいのかについて説明します。

 

もちろん、『自分ごと』な研究テーマの作り方もしっかりご紹介。

 

せっかくやるなら『自分ごと』の楽しい研究をしましょう!

 

 

2019年夏休みの自由研究は、『自分ごと』のテーマを調べよう

なぜ『自分ごと』の自由研究テーマがいいのかというと、自分が関心をもてるテーマを調べることでしか調べることのおもしろさやもっと調べたいという気持ちを感じることはできないからです。

 

たとえば、本に載っている自由研究のひとつを調べてみることにしましょう。

 

それはきっと、自分が本当に不思議で調べたいテーマではないですよね。

 

簡単にできそうだから。道具が家に揃ってるから。〇〇が作れたら楽しそうだから。

そういう理由がメインになるのではないでしょうか。

 

つまり、他人事のテーマだと別に調べる必要がないので、宿題がおわればいいとか簡単にできればいいというのが目的になってしまいます。

 

せっかく自由研究なのに、自由じゃなくて簡単研究とか楽研究になってしまってもったいない。

 

 

『自分ごと』の自由研究なら、研究結果を出すことが必要になる

研究テーマが『自分ごと』だとしたらどうでしょう。

 

いきなりですが、わたしはナノックスの洗濯洗剤を長年愛用しています。

なぜなら、嵐の二宮和也君が好きだからです。

ナノックスの売り上げに貢献して、いつまでもニノの「受けて立つ!」を聞きたいんです。

 

わたしの友人の家の洗濯にはアリエールを使っているそうです。

なぜか分かりますか?

 

そう、友人は生田斗真君が好きだからです。

それはもちろん構いません。問題は、別な友人のこの台詞。

 

「ナノックスよりアリエールの方が汚れ落ちやすいよね~」

 

ナノックス押しのわたしとしては、アリエールに負けるわけにはいきません。

何としても、最高難度の汚れに受けて立つ!なナノックスの方が汚れ落ちがいいことを証明したい。

 

とすると、わたしの今年の研究テーマは

アリエールとの戦いを受けて立つ!汚れ落ちがいい洗剤はどちらか?

ということになります。

 

わたしとしては、ナノックスの方が汚れが落ちると予想しているけれど、実験してみないと科学的には何とも言えません。

 

きちんと実験方法を考えて、ナノックスのが汚れが落ちることを友人に証明するため、わたしは研究しなければならないんです。

 

これが『自分ごと』の自由研究です。

 

 

なんだか楽しそう!と思いませんか。

 

『自分ごと』の研究テーマをつくるコツは、好きなことに関係するものを調べること

そんなこといっても、なかなか都合よくテーマって浮かばないんですよね。

 

テーマを決める際はぜひ、自分の好きなものから広げていくようにしましょう。

 

わたしの例でいうと、洗濯洗剤の研究をすることになったのは、嵐の二宮くんが好きだから。

自由研究って、そういうことでいいんです。だって、自由研究なんだから。

 

今年は、楽研究とか簡単研究はやめて、ぜひ自由研究してみましょう^^

 

疑問や質問がある場合は、お気軽にコメント欄や問い合わせフォームからどうぞ。

お返事させていただきますね。

 

以上、『自分ごと』の自由研究についてお話しました。

 

ちなみに、ナノックスのホームぺージはコンテンツが充実しているので自由研究の参考にもなりそうですよ!▼

top.lion.co.jp

 

 

▼こちらもおすすめ

study.eeyukoee.com